大学生にカフェバイトってきつい?【大手カフェ3社で働いた実体験】

カフェバイトってきつい?~大手カフェ3社で働いた実体験~

こんにちは。ヒミです。私は大学に入ってから2年間ずっとカフェでアルバイトをしてきました。

そこで今回は私がカフェでバイトをしてきて楽しかったことや大変だったことについてご紹介していきます。

「カフェバイトってなんかおしゃれだなー」

「カフェバイトに挑戦してみたい」

と感じた方はぜひ最後まで見ていってください。

目次

カフェバイトの仕事内容

カフェの仕事内容は主にバリスタ、レジ、裏方業務の3つに分かれます。

スターバックスコーヒーやタリーズコーヒーのように日によってポジションが決められているところもあればそうでないところもあります。

バリスタ

バリスタ

カフェバイトの花形ともいえるのがバリスタです。バリスタをやるためにカフェバイトをしている学生も多いはずです。

バリスタの主な仕事内容は

  • ドリンクの作成
  • サンドイッチやパンケーキ、ホットドッグを調理する

のがメイン。

ドリンクの作成はカフェラテやカフェモカなどのエスプレッソを使ったドリンク作成がメインで、スチームして泡立てたミルクをエスプレッソに注ぎ込みます。

お客様に最高の飲み物を提供することがバリスタの使命ですので慣れるまでは大変です。

レジ

レジの主な仕事内容は

  • 先にお客さんから注文を伺ってバリスタにその注文を流す

これに尽きます。

特にモーニングの時間帯やおやつの時間帯だとお客さんが永遠と店に入ってくるので常にレジ打ちをしなければならず、激務です。

さらに最近は電子マネーの種類が急増しているのでレジを操作するのが一層大変になりました。

裏方業務

裏方業務は

  • グラスや皿洗い
  • 在庫管理(牛乳やコーヒー豆などの在庫数を数える)
  • 翌日や翌々日のための発注
  • 忙しいときはレジやバリスタのサポート

が主な仕事内容になります。

グラスや皿洗いは人と話すことがないので一息つくことができる一方、他人の皿やグラスを片付けるのが嫌な人にはつらいかもしれません(飲食店はこれに慣れないとどうにもならないですが…)。

発注や在庫管理はたいてい一個ずつ手作業で在庫を数えるので少々手間が掛かります。

ただお客さんと接する必要がないので黙々と作業できます。

カフェバイトのつらいこと3選

(1) とにかく覚えることがかなり多い

カフェバイトは覚えることがかなり多い

単刀直入に言わせてもらうとカフェバイトはとにかく覚えることが多いです!

  • エスプレッソマシン、ドリップマシン、その他マシンの使い方
  • サイズごとのドリンクの作り方
  • ドリンクの通し用語
  • レジの操作方法
  • 開店作業、閉店作業(主にレジや清掃)
  • 発注、在庫管理の方法

マシンの使い方はもちろん、サイズごとのドリンクの作り方も覚えます(しかもS,R,Lの3種類!)。

また、通し用語(アイスカフェラテだったらアイスラテとか)をしっかり覚えないと自分がレジを担当したときにバリスタに迷惑をかけます。

さらに、開閉店にシフトインする場合はその作業も追加で覚えなくてはいけません。

要はカフェバイトは覚えることが多いということです!

(2) ドリンクの作り直しをさせられる!?

ドリンクの作り直しをさせられる!?

スターバックスやタリーズコーヒーのカフェラテって結構なお値段しますよね( ;∀;)

スタバのカフェラテなんて一杯340円以上します。

ということは、その分ドリンクに求められる質も高くなります。

スタバやタリーズではミルクをバリスタがミルクをスチームしますがカフェラテの見た目が少しでも悪かったり、量が少しでも足りないと作り直しさせられます。つまり上の写真のような見た目ではだめということです‥

そのため、慣れるまではかなりたいへんです。。

自分で牛乳を泡立ててカフェラテを作る自信がないという方はドトールコーヒーがおすすめです。

ドトールコーヒーはカフェラテを自動で抽出するマシンが備わっている(多分)のでバリスタがミルクをスチームしてエスプレッソに注ぐ必要がないです。

(3) 小中規模の店舗は開閉店作業を2~3人で行うので、一人当たりの仕事が多い

小中規模の大きさのカフェは開閉店作業を2~3人で行うので一人当たりの仕事が多い

席数が10~50席ほどの小中規模の店舗だと閉店作業は2~3人で行うことが多いです。

さらに閉店してから30分ほどしか時間が与えられていないので、店員同士で連携しないと時間内に間に合わず、店長からお叱りを受けます。

しかも開閉店はバナーの上げ下げやモップかけ、トイレ掃除などもするのでかなり重労働です。

(4) 夜は明日の仕込みもする

夜にシフトインした場合は明日の仕込みも必ずします。

スタバやタリーズなどのドリンクが主なお店はドリンクの仕込みだけで良いのですが、ドトールのようなモーニングのトーストやサンドイッチまで提供している店は食材の仕込みもしなければならず、たいへんです。

そしてもちろんドリンクの仕込みの分量やサンドイッチの仕込みも暗記です。


  • とにかく初めは覚えることが多い
  • ハイクオリティを求められる店では作り直しもある
  • 締めは2~3人が普通
  • 夜は明日の仕込みもある

それでもカフェバイトは楽しい?カフェバイトの楽しいこと3選

今まで「つらい」とか「たいへん」といった言葉ばかり連呼してきましたがカフェバイトはもちろん楽しいこともあります!

というわけでここからはカフェバイトの楽しいこと3選について説明します。

コーヒーの香りに包まれながらアルバイトができる

コーヒーの香りって良い香りですよね。カフェでアルバイトすれば常にコーヒーの香りに包まれた空間で働くことができます。

コーヒーの香りは、

  • リラックス効果
  • 集中力持続効果

などがあるため落ち着いて働くことができますよ!

仲間と連携してお店を回せた時には達成感がある

昼の混雑時などに仲間と連携してお店を回せたときの達成感は半端ないです。

特に忙しいときだとミスすることも増えてしまうのですが、お互いにフォローしあって仕事できるとカフェでアルバイトをしてきてよかったなーと感じます。

ドリンクを無料や割安で飲めることがある

これもカフェバイトの特典ですね。

ところにも依るんですが多くのカフェではドリンクを半額や無料で飲むことができます。さらに新作もお客さんより先に試飲することができるのも嬉しいところです。

また、大学生だと毎日のようにカフェに通っている方もいると思います。そんな方はスターバックスで働くことをオススメします。

スタバは勤務日以外でも常にスタバのドリンクを30%オフで飲めるので良いですよね。

頻繁にカフェに行く人はスタバで働くのがオススメ!

常連客とのちょっとしたコミュニケーションが楽しい

ショッピングセンターや駅構内のカフェだとなかなか厳しいですが、住宅街に近いカフェだと常連のお客さんがいます。

そんな常連さんとの一言二言の会話は気が休まって楽しいです。常連さんと仲良くなれると差し入れをもらえることだってありますよ!(^^)!

カフェの業務内容が一通り分かったら応募してみよう!

ここまでカフェの仕事についてお伝えしてきました。ここまで読んで「カフェで働いてみたい!」と思った方は実際に応募してみましょう。

そこで応募する際はマッハバイトを利用するのがおすすめです。

なぜならマッハバイトでから応募して、無事に採用されればそれだけで現金が最大1万円もらえるからです。

本当にもらえるか不安な方もいると思うので簡単に仕組みを説明しておくと、大手求人サイトのようにCMを放映しないことで浮いたお金を応募者にあげているそうですよ!

1万円というのはなかなかの大金なので使わない手はないですね!

今回のまとめ

というわけで今回はカフェバイトの主な仕事内容とカフェバイトのつらいことや楽しいことについて解説してきました。

改めておさらいしておきましょう。

  • カフェバイトの主な仕事内容はバリスタ、レジ打ち、裏方業務
  • カフェバイトは覚えることが多く、初心者泣かせだが慣れれば楽しい
  • カフェバイトに興味がわいたら実際に応募してみよう!




この記事を読んで実際にカフェバイトに応募してみようと感じた方は下記の記事も参考にしてみてください。



カフェバイトってきつい?~大手カフェ3社で働いた実体験~

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
目次
閉じる