【大学入試】公募推薦で合格したいなら行動力を高めよう!

【大学入試】公募推薦で合格したいなら行動力を高めよう!

大学の公募推薦に出願したいけれど自分にはアピールポイントがない…。何か自分でもできることはないかな。

こういった疑問にお答えしていきます。


こんな方々におすすめ!
  • 公募推薦に応募したいので自分のアピールポイントを身に付けたい
  • 公募推薦に出願したい



目次

【すいせんって何?】推薦入試は主に2種類ある

指定校推薦?公募推薦?

大学の推薦入試は主に2つに分けられます。

最近は大学の入試方式が豊富で私立大学だけでなく国立大学でも推薦入試を採用するところが増えてきました。

私立大学でも年々推薦入試が拡充されていて、大学によって差がありますが現在は入学者の約割が推薦入試で入ってきています。

指定校推薦

指定校推薦とは簡潔に説明すると、大学側が高校に与えた推薦の枠を用いて受験する入試方式のことです。この試験は一般入試とは異なり面接や小論文がメインになることが多く、不合格になることがほぼないです(稀に落ちることもあります)。


指定校推薦はその高校の大学への入学者数や過去の実績などから決められ、年によって推薦の枠数が増減することもあります。

指定校推薦は高校と大学同士の信頼から成り立っているため合格が決定してから大学に入学するまでにトラブルを引き起こすと合格が取り消されることがあります。


私の母校でも指定校推薦で合格した後に、友達に生卵を投げつけたことで合格が取り消しになった生徒がいました。



指定校推薦はこのような信頼関係があるため入学した生徒が仮に大学を中退すると高校は信用を失い、後輩の指定校推薦の枠が減ることもあります。

さらに指定校推薦は一度出願すると基本的に他の大学に出願することができなくなります。

指定校推薦は出願すればほぼ合格できるある意味「最強の入試方式」ですが以上のように注意が必要です。

公募推薦

続いて公募推薦は、校長の推薦状をもらえれば誰でも出願できる推薦入試のことです。指定校推薦とは違い不合格になることもあります。

さらに、公募推薦で不合格でも一般入試より早い段階で合否が決まるため、一般入試に出願することができます。

また、公募推薦で合格を勝ち取るためには面接や小論文の試験で自分の魅力を大学にアピールできるようになることが重要です。そのため今回はこれから公募推薦で自己PRするために今からできることについてご紹介していきます。

  • 指定校推薦は学校の信頼で成り立っているため不合格になることがほぼないが合格後にトラブルを起こすと合格を取り消される。指定校で合格したら他の入試は受けられない。
  • 公募推薦は校長の推薦状がもらえれば出願できるが不合格になることもある。不合格になったら一般入試も出願できる。

【推薦入試に勝つ!】自己PRのために高校生のうちから行動力を養おう

高校生のうちからできること4選

  • 留学
  • 生徒会に入る、部長になる
  • とにかく特定の分野を極める
  • インターンに参加する

留学

留学

行動力を養うために高校生でもできることとして、まずは留学が挙げられます。留学は夏休みや春休みを利用した短期間のものから1年以上留学する長期間のものまで数多くのプログラムがあります。


長期留学は現地に1年以上滞在するため、語学や異文化の勉強をじっくりと勉強することができます。
親元を離れて1年以上海外で暮らすことになるため、自身の行動力が身につくことでしょう。

長期留学は学校の進路に遅れをとるので留年になることもあることに注意しましょう。

もし長期留学を検討している方は留年にならないように期間を調整したり、自分の高校が提携している学校を留学先に選ぶと良いです。


短期留学は夏休みや春休みなどの長期休暇を利用した留学のことです。休暇を利用して留学するため留年の心配は特に必要ないでしょう。

短期留学でも十分自己アピールにつながるので無理して長期留学する必要はないと思います。

短期留学の方がコストも安く済みますので、漠然と「留学したい」と考えている方はまずは短期留学に挑戦すると良いです。

  • 長期留学では学べることがたくさんあるが留年になることもある。費用もかなり高い。
  • 短期留学は長期休暇を利用した留学で留年の心配がない。

生徒会に入る・部長になる

生徒会に入ったり積極的に部長を務めるのも自己PRにつながります。特に生徒会長や部長は、組織の代表として活動することになるので組織をまとめる力や行動力が養われます。

生徒会長や部長は多くの人々の前で話す機会も多くなるとので、面接などでも緊張しにくくなるでしょう。



一方で生徒会長以外の生徒会役員はリーダーシップを発揮する場面や皆の前で話す機会が生徒会長に比べ、少ないかもしれません。

ただ生徒会長でなくても、「縁の下の力持ち」として活動してきたことは必ず自分の行動力の一つにつながります。

生徒会や部長は王道!人前で話すのも慣れる!

とにかく特定の分野を極める

特定の分野を極めることも大学に評価され、指定校推薦で合格を勝ち取れることが多いです。

例えば何かしらのプログラミングコンテストで優勝したり、ロボットコンテストで優勝したりすることなどが挙げられます。

しかし特定の分野を極めるためには並々ならぬ才能と努力が必要なので普通の人には難しいです。少しやったくらいでは厳しいでしょう。

部活動によっては(物理部、プログラミング部、天文部、生物部など)自分が高校生活でやってきたことが自己アピールにつながるかもしれません。

得意なことがあれば特定の分野を極めるのもアリ!でも中途半端にやらない方が良い

高校生でも参加できるインターンに参加する

最後はインターンです。インターンは高校生には聞きなれない言葉かもしれませんが簡単に説明すると、職業体験のことです。

インターンは大学生が就職活動前に行うのですが、高校生でも参加できるインターンが実はたくさんあります。ネットで検索するとたくさん出てきますし、最近はSNSも普及しているのでFacebookなどで検索しても出てきます。

インターンに参加した経験を整えて入試面接の時に話せれば間違いなく他の受験生と差をつけることができるでしょう。

高校生も参加可能なNPO・NGOインターン募集

高校生向けインターンで行動力を高める!

行動力を養ったら推薦入試にいざ出願だ!

以上ここまで公募推薦の自己アピールに使えそうなことについてご紹介してきました。今紹介した4つをすべてやろうとするのではなく自分に向いたものを選んで挑戦してみるのが良いと思います。

近年は推薦入試の枠が広がっている傾向があるので受験勉強があまり得意でない方や早く受験を済ませたいという方は挑んでみると良いと思います。

推薦入試は学校ごとに要項が異なりますので十分確認してから出願するようにしましょう。

【大学入試】公募推薦で合格したいなら行動力を高めよう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
目次
閉じる