大学入試で全落ち!?浪人生活が始まるまでの春休みの過ごし方とやるべきこと

大学入試で全落ち!?浪人生活が始まるまでの春休みの過ごし方

今回は大学入試でうまくいかず新学期から浪人生活を送る方々に、予備校の新学期が始まるまでの有意義な過ごし方についてご紹介していきます。

  • 大学入試でうまくいかず来年から予備校に通うことになった
  • 浪人が決まったけれど予備校が始まるまでに何したら良いのかわからない
  • 浪人生活で後悔したくない

という方々はぜひ最後まで見ていってください!

目次

入試が終わってから浪人生活が始まるまで少し期間がある【やることがたくさん】

結論から言いますと浪人生活は大学入試が終わってから予備校が始まるまでの春休みの期間の過ごし方で大きく左右されます。

そこで今回は大学入試が終わってから予備校が始まるまでの有意義な過ごし方についてご紹介します。

全落ちしても落ち込むな!やることは山ほどある!!

予備校探しはなるべく早めに済まそう!

初めに予備校探しはなるべく早いうちに済ませましょう。

なぜならこの時期は多くの浪人生が予備校を探し始めていて、周りからちょっとでも後れを取ると自分が行きたい予備校や評判の良い先生がいる予備校に申し込みをすることができなくなるからです。


また、多くの予備校には浪人生のロッカーが用意されていますが数が限られているため早めに申し込みを済ませておいた方が良いです。

浪人で予備校に通うと多くの教材を使うので予備校にロッカーがあるのとないのとでは大きく違います。


私も浪人を決断した直後(3月の初め)に予備校の申し込みをしたのですが既に半分ほどロッカーの申し込みが埋まっていました。

自分が全落ちした原因を分析

続いて、自分が入試で落ちた原因を分析をすることも来年の入試で失敗しないためにも大切です。

例えば、

・本番で緊張してうまくいかなかったら、来年はメンタル面を強化しよう とか

・勉強が足りなくて落ちたなら、来年はもっと効率的に勉強しよう

と考えることができます!

いずれにせよ自分がなぜ今年の受験が上手くいかなかったのか、全落ちしたのかを自己分析することが大切です。

母校に結果を伝えに行く

母校に結果を伝えに行くのも忘れずに。3年間通ってきた高校です。

うまくいかなかった結果を伝えに行くのはとても心苦しいですが、「来年もう一度頑張ります。」といった旨を伝えるようにましょう。


  • 自分にあった予備校に入れるように早めに予備校探しをする
  • 自分が受験に落ちた原因を分析する
  • 母校に結果を伝えに行く

予備校が始まるまでの勉強はどうしたら良い?【春休みの過ごし方で浪人結果が分かれる】

予備校が始まるまでの勉強はどうしたら良い?

続いて予備校が始まるまで(春休み)の過ごし方です。

春休みの過ごし方で浪人生活の明暗が大きく分かれます。

全力で勉強するのはやめよう!

今全力で勉強すると絶対に最後に力尽きる

入試が終わった後の春休み期間で全力で勉強するのはやめましょう。全力で勉強してしまいますと1年後の入試までに力尽きます。

余力を残した状態で予備校生活をスタートさせることで精神的にも身体的にも余裕ができます。

とは言っても「全く勉強しない」はNG!

この期間に全く勉強しないと知識が抜けてしまう

ですが「春休みに全く勉強しない。」というのは危険です。春休みに全く勉強しない期間が続けば続くほど今までやってきたことの知識が抜けていきます。しかも一瞬で。

勉強のやり過ぎは良くないけど、まったくやらないというのもNGということです。

私の実体験

私も2月末の後期試験が終わってから予備校が始まる4月の初旬まで全く勉強しませんでした。

しかしいざ予備校が始まって「気分入れ替えて勉強を始めよう!」と思って問題集を開いたら、今まですらすら解けていた数学や物理の問題が解けなくなっていてその瞬間絶望しました。

1日1時間それぞれの科目に取り組もう

私みたいにならないためにも春休みの間は1日1時間それぞれの科目を勉強することをおすすめします。

国公立志望の方だとおそらく7科目以上選択している方が多いので1日3~4科目を1日おきにやるのでも良いと思います。

やることは何でも良いと思いますが基本的な問題を再度復習すると良いです。
今難問に挑戦しなくても難問を解く機会はこの先に山ほどあります。


何がともあれ春休みの1~2か月に全く勉強しないというのは避けましょう。

今までの積み重ねが本当に一瞬でチャラになります(実体験です( ;∀;))。

全力で勉強しなくて良いが全く勉強しないのも危ない!

また、浪人生活が始まるまでの勉強は下記の記事で詳しく解説しています。志望する大学別に詳しく書いてありますのでぜひご覧ください!

ゲームのやりすぎに注意!

私は入試が終わってから予備校が始まるまでゲームをしても良いと思います。今まで1年間ずっと緊張状態だったに違いありませんのである程度ストレスを和らげることも大切です。

しかし、ゲームに没頭しすぎるのは要注意です。

ゲームは中毒性があるということ

あまりにもゲームをやりすぎてハマってしまうと予備校が始まってから抜け出せなくなるかもしれません。

せっかく今の自分より成長するために予備校に入ったのにゲームばっかりしていたなんて事態になったら、間違いなく来年の受験は詰みです。

そうならないためにも春休みの期間はあらかじめ1日にやるゲームの時間を決めておきましょう。時間を決めておくことでいざ予備校が始まったらスイッチを切り替えることができます。

また、「私はゲームをやり始めたら夢中になっちゃいそう。」という方は初めからゲームを控えておくのも手です。




以上ここまで浪人生の春休みの過ごし方についてお伝えしてきました。

もしこれらのことをできる自信がなくて滑り止めが受かっているという方がいらっしゃれば、滑り止めの大学に行くことをおすすめします。

では最後に今回の要点をまとめておきます。

  • 初めに予備校を探す
  • 自分が失敗した原因を分析
  • 母校に結果を伝えに行く
  • 春休みの勉強は全力でしなくても良いが最低限の勉強はする
  • ゲームはやっても良いけどやりすぎないで


最後まで読んでいただきありがとうございました!

大学入試で全落ち!?浪人生活が始まるまでの春休みの過ごし方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
目次
閉じる