【目的別】大学生の英語勉強法~資格・英会話・留学~

こんにちは!ヒミです。今回の記事では大学生ができる英語学習について説明していこうと思います。

最後には目的別にどの英語学習をやるのが良いかお答えしていますのでぜひご覧になってください。

この記事では

  • 大学生の英語勉強について知りたい
  • 大学生になってから英語の勉強をする目的がなくなった

といった悩みを解決していこうと思います。それでは見ていきましょう。

目次

【大学生の英語勉強1】資格

英語の資格勉強は高校生までは英検やTOEFLが中心だったと思います。

ただ、大学生になると英語の資格勉強は圧倒的にTOEICがメインになります。

入学初めのオリエンテーションでもTOEICを受けさせられる大学がほとんどですし、定期試験の一部として課されることもよくあるので資格はTOEICの勉強をすれば問題ありません。

大学入学時はTOEICのスコアはだいたい450~550点だと思いますが、受験を重ねるほど問題パターンにも慣れてくるので700点はすぐに到達します。

大学に入って英語の勉強を疎かにしていると語学はすぐに忘れてしまうので入学した後もできる限り継続しましょう。

また、

TOEICの勉強は問題集+単語+リスニングのセット

で行いましょう!

ちなみに私はTOEIC公式の問題集を使っています。

非公式の問題集とTOEICと若干問題の傾向や雰囲気が違ったりするのですが、公式の問題集を使えば本番と同じような問題に取り組めます。これ1冊でリスニングとリーディングの対策ができます。

¥3,080 (2021/03/21 08:51時点 | Amazon調べ)


また、単語は金のフレーズ(通称金フレ)が良いですよ!

金フレにはTOEIC頻出の単語がピックアップされて載っており、これさえあれば最低限の単語は身に付けられます。

忙しい大学生でも難なく取り組めます。

~大学生のTOEIC対策に必須な2冊~

  • 公式TOEIC Listening & Reading 問題集
  • TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

私は紙で勉強するのめんどくさい……

みかんちゃんと同じような方はいませんか?

そんな大学生はスタディサプリでTOEIC対策をしましょう。

スタサプなら問題の種類が豊富ですし、自分ひとりじゃ計画的にできないという方でもコーチングプランもあります!

紙で勉強するのが嫌な方ならまずは1日3分からスタサプでTOEIC対策をしてみてはいかがでしょうか?

【大学生の英語勉強2】英会話

英会話は対面スクールとオンラインの2つがありますが、私は圧倒的にオンライン英会話をおすすめします。

オンライン英会話は海外在住の講師とオンラインでレッスンを受けるのですが、最近はネットワークも整備されているので難なく受講することが可能です。

次の表が対面スクールとオンライン英会話の主な違いです。

対面スクールオンライン
形式対面デバイス上
講師ネイティブスピーカー中心東南アジア系が多い
料金月5000円ほど月1万円ほど
時間1回30分ほど1回50分ほど
講師:生徒1:1~101:1
スケジュール固定自由(予約機能等も有)

オンライン英会話は、東南アジア系(特にフィリピン人)が多かったり、実際には会えないというデメリットがあるものの

  • 講師とマンツーマンでレッスンできる
  • 値段が対面に比べてリーズナブル
  • 自分の都合が良いときにできる

など多くのメリットがあります。

実際にオンライン英会話を始めると東南アジア系の講師ばかりで私もビビってしまいましたが、フィリピン人の英語は本当に癖がなく聞き取りやすいです。

もちろん講師は日本語が話せないので初めはもどかしいですが、みんな親切丁寧に基礎から教えてくれます。

でもオンライン英会話って種類が多すぎてよくわからない(>_<)

もしそんな方がいればDMM英会話がオススメです。

DMM英会話とはDMM.comが運営するオンライン英会話で、アイクぬわらとおぎやはぎの矢作によるCMもかなり有名なので信頼感がありますよね。

DMM英会話では2回までのレッスンが無料になる体験レッスンを実施していますし、体験レッスンの申し込み3日以内に正規申し込みをすれば初月のレッスン料が50%オフになります(通常\6480~)。

【大学生の英語勉強3】留学

海外留学をすればより実践的に語学を勉強することができます。

最近はコロナウイルスの影響で留学するのもなかなか難しくなっていますが、留学に興味がある方はコロナが収束したら挑戦してみてください。

他の記事でも同じようなことを発信していますが、留学は東南アジアがオススメです。

アメリカやヨーロッパは物価が高いので留学しようとするとかなり費用(食事など)がかかりますが東南アジアは日本に比べて物価が安いため少額で留学を満喫できます。

欧米に比べて日本から近いので比較的簡単に行けるのもメリットですね。

東南アジア留学のメリット

  • 費用が安く済む
  • 日本から比較的近い
  • 特にフィリピン人は英語が上手!

フィリピン留学の無料資料請求は下記からどうぞ!

楽しみながら英語習得を!フィリピン留学【SPEA】

目的でどの英語勉強法をやるか決めよう【全部やるも良し】

1. 就職活動で英語を生かしたい

就職活動で英語を生かしたいのであれば、

  • 文系→TOEIC800点+英会話+留学
  • 理系→TOEIC700点+英会話+留学

を取り組むようにしましょう。

文系は営業職をメインに就活すると思うので、TOEICで800点あれば他の学生よりもかなり有利です。

最近では海外とやり取りしている企業もかなり多いと思うので文系において英語は必須スキルですね。


また、理系は専門職への就職が多くなると思いますので700点を目指しましょう。

専門職であるが故、文系ほど英語スキルを求められることはないと思いますが将来海外で仕事をしたい理系学生は文系同様、TOEICでハイスコアを取っておいた方が良いです。

さらに留学もできればなおよいと思います。

今はなかなか留学するのも大変ですが留学では日本にいるだけではできないようなことがたくさんありますので、就職活動の自己アピールでかなり役に立ちます。

2. 大学や大学院の奨学金を獲得したい

英語の資格のスコアに応じて奨学金を獲得できる大学もあります。

もし奨学金を獲得したいようであればまずはTOEICの勉強から始めてみましょう。

TOEICを受け初めの頃はなかなか点数を取ることができないと思いますが、TOEICは受ければ受けるほど問題パターンが理解できるようになってそれに応じて点数も伸びてきます。

先ほど紹介したTOEICの勉強法でまずはトライしてみましょう。

3. 異文化に触れたい、言語を深く知りたい

異文化に触れたかったり、言語に深く知りたいという方は

英会話+留学

の実践形式から入ると良いでしょう。


TOEICのような資格ばかり対策していても知識だけ身に付いてろくに喋れないといったことがザラにあり得ます(最近私もTOEICの勉強ばかりしていますが、英語はあんまり話せないです)。

言語を深く学びたければ、まずは口を動かして英語を体になじませるのがオススメです!

  • 就活で生かしたい→TOEIC+英会話+留学
  • 奨学金を獲得したい→TOEIC
  • 異文化に触れたい→英会話+留学

最後に

ということで今回は大学生がやるべき英語の勉強について解説してきました。

とりあえず全部に手を付けてみるのも良いと思いますが、自分の目的に沿って英語学習を進める方がより効率的だと思います。

最近はコロナの影響で留学するのはなかなか難しいと思いますが、まずは日ごろの英会話学習などで準備をしておきましょう。

大学生の英語学習3種類

  • TOEIC(問題集かスタサプ)
  • 英会話(DMMがオススメ!)
  • 留学(東南アジアはコスパがGOOD!)

目的別英語学習

  • 就活で生かしたい : TOEIC、英会話、留学
  • 奨学金を獲得したい : TOEIC
  • 言語を深く学びたい : 英会話、留学

最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアお願いします!
目次
閉じる